規約

『瀬戸スポーツクラブ』規約

総   則

 

(名称)

第1条  このクラブは、「瀬戸スポーツクラブ」(以下「クラブ」という。)と称し、事務局を会長の指定するところに置く。

 

(目的)

第2条  クラブは、「生涯スポーツの推進」「地域コミュニティーの活性化」「青少年の健全育成」「競技力の向上」を基本理念とし、多種目、多世代、多志向型の総合型地域スポーツクラブを目指し、心身ともに明るく元気な地域づくりに資することを目的とする。

 

(事業)

第3条  クラブは、前条の目的を達成するために次の事業を行う。

(1)スポーツ・レクリエーション活動、教室等

(2)スポーツ・レクリエーション大会、イベント等

(3)情報紙、パンフレットの発行

(4)研修会、交流会

(5)その他、目的達成のために必要な事業

 

会   員

 

(入会資格)

第4条  クラブに入会する者は、次の項目を満たす者とする。

(1)クラブの目的に賛同する者

(2)本規約及び総会の決定事項等を守る者

(3)所定の会費を納入した者

 

(入会手続き)

第5条  クラブに入会を希望する者は、所定の申込書に従い、会費及びスポーツ安全保険料を添えて申し込むものとする。

一度納入したスポーツ安全保険料は返金できないが、年会費については前年度の3月31日中に申し出があった場合は返金する。

 

(会員)

第6条  クラブの会員は、個人会員、家族会員、賛助会員とする。

 

(会員証)

第7条  会員は、クラブ活動時に求めに応じて会員証を提示するものとする。

 

(会員の取消)

第8条  次の項目に該当する者は、運営部会の審査を経て会員の資格を取り消すことができる。

ただし、その者に会費を返金しないものとする。

(1)クラブの規約に反する者。

(2)クラブの社会的評価を低下させた者。 

(3)クラブ活動時にマナーの悪い行為を繰り返す者。

(4)他の会員の名誉を傷つけた者。

(5)その他、会員としてふさわしくないと判断された者。

 

会   費

 

(会費)

第9条  クラブの会費は、次の項目に示すものとする。

ただし、会費以外に受講料、実費等は別に定める。

(1)個人会員/年額2,000円

(2)家族会員 一人/年額1,600円

 ※家族会員の家族とは、同居家族をいう。

(3)賛助会員 一口10,000円/年

 

組 織 等

 

(クラブの構成)

第10条  クラブは、会員で組織する。

 

(役員)

第11条 クラブに次の役員を置く。

(1)会長---1名

(2)副会長---1名

(3)運営部員---若干名

(4)クラブマネジャー---若干名

(5)事務局---若干名

(6)監事---2名

(7)顧問---若干名

 

(役員の任務)

第12条 役員の任務は、次のとおりとする。

(1)会長は、クラブを代表し会務を総括する。

(2)副会長は、会長を補佐し会長に事故あるときはその職務を代行する。

(3)運営部員は、クラブの運営について協議、立案する。

(4)クラブマネジャーはクラブの経営・管理を行う。

(5)事務局員は、クラブの事務及び会計の処理を行う。

(6)監事は、クラブの運営及び会計財務に関する事項を監査する。

(7)顧問は、クラブに関し助言を行う。

 

(役員の選任・任期)

第13条 会長、副会長、運営部員、事務局員は会員の中から互選する。

2 クラブマネジャーは、クラブマネジャーまたはアシスタントマネジャーの資格を有している者の中から互選する。

3 監事および顧問は、運営部会の同意を得て会長が委嘱する。

4 役員の任期は2年とする。ただし、再任は妨げない。補欠により就任した役員の任期は、前任者の残任期間とする。

 

会   議

 

(会議の種類)

第14条 クラブに次の会議を置く。

(1)総会

(2)運営部会

 

(総会)

第15条 総会は、会長が招集し年一回以上開催する。

2 総会は、次に掲げる事項について審議、承認する。

(1)事業計画・予算及び事業報告・決算

(2)役員の選出及び規約の改正、その他クラブの運営に必要な事項

3 総会は、会員の過半数の出席で成立し、議決は出席者の過半数の賛成を得なければならない。ただし、委任状の提出があった場合は、出席とみなすものとする。

 

(運営部会)

第16条 運営部会は、次に掲げる事項について、協議・執行する。

①年間行事の作成に関すること

②活動施設の確保等、組織の円滑な運営に関すること

③地域の各種団体との渉外に関すること

④総会の議案作成及び各種目の事業活動への支援・指導に関すること

⑤クラブ運営上必要と認めた事項で、緊急を要するものを決定する。ただし、後日総会の承認を得るものとする

⑥各種事業の広報及びクラブの広報紙の作成

 

会 計 等

 

(会計)

第17条 クラブの経費は、以下の収入をもって充てる。

(1)会費

(2)事業等の収入

(3)寄付金、協賛金、補助金

(4)その他

 

(会計年度)

第18条 クラブの会計年度は、毎年4月1日に始まり翌年3月31日に終了する。

2 各種目は前年度の事業報告と会計報告を総会までにクラブマネジャーに提出すること。

 

(謝礼等)

第19条 講師、指導者、スタッフへ別に定める金額を支払うことができる。

 

(給与等)

第20条 クラブマネジャー、事務局員へ別に定める金額を支払うことができる。

 

 

補   則

 

(責任の範囲)

第21条 

1.会員は、クラブ活動に際して施設管理責任者並びに指導者の指示に従い、自己の責任において行動するものとする。

2.クラブ活動に伴う事故があった場合は、クラブは、次条第2項に定める保険以上の責任を負わないものとする。

 

(保険)

第22条 

1.会員は、クラブが指定するスポーツ安全保険に加入するものとする。

2.クラブ活動に伴う事故の対応はスポーツ安全保険の範囲のみとする。

 

(補則)

第23条 

1.この規約に定めない事項及び運営上必要な事項は、総会の決議によって定める。

2.この規約は、総会の決議をもって随時改正することができる。

 

(附則)この規約は、平成20年2月10日から施行する。

この規約は、平成21年3月29日から施行する。

この規約は、平成26年6月1日から施行する。

この規約は、平成30年5月27日から施行する。